• ローマンカモミールの花から抽出されたエキス。カモミールの中で最も香りがよいとされ、アロマオイルなどに利用されています。抗糖化作用があるといわれるカマメロサイドを多く含んでいます。
  • ジャーマンカモミールの花から抽出されたエキス。苦味が少なく飲みやすいため、カモミールティーによく利用されています。抗酸化作用があるといわれています。
  • 南米原産の高山植物クリサンテルムインジクムから抽出されたエキス。ゴールデンカモミールとも呼ばれ、アフリカでは古くから親しまれてきました。抗炎症効果があるといわれています。
  • エンドウ豆のたんぱく質を加水分解して得られる保湿成分です。傷んだ毛髪の水分補充をおこなうとともに、表面を滑らかにする働きがあるといわれています。