肌を内から支える真皮三大成分は「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」

子どものようなハリのあるみずみずしく美しい肌の源は、真皮三大美容成分であるコラーゲン ・ エラスチン・ ヒアルロン酸にあります。これらはすべて線維芽細胞でつくり出されています。しかし、加齢とともにコラーゲンなどの真皮成分は減少。肌の衰えを防ぐには、質のよい真皮成分 コラーゲン ・ エラスチン ・ ヒアルロン酸を豊富にすることが大切です。

コラーゲンは飲んでも、すべてがコラーゲンにならない!?

足りなくなったコラーゲンは摂って補給すれば大丈夫!そう思われている方も多いかもしれませ ん。実は、コラーゲンは摂っても体内で一度アミノ酸に分解されてから吸収されます。いくら大量に摂取しても、コラーゲンそのままのカタチとしてカラダに吸収されているわけではないのです。
実はコラーゲンだけでなく、真皮三大美容成分すべてに同じことがいえるのです。


そこでセプテムが考えたのが「摂る」ではなく、『肌自らがつくり出す力を育む』という発想。
真皮三大美容成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)をつくり出す、線維芽細胞に着目しました。