メロングリソディン®とは

メロングリソディン®とは、メロンSODをグリアディン(小麦たんぱく)でコーティングした成分です。胃で消化されないグリアディンでコーティングしているため、メロンSODを腸までしっかり届けることができます。

「メロングリソディン®」で抗酸化酵素の増加が期待できます。

ずっと新鮮!? 不思議なメロン

近年、南フランスの専用農園で栽培されているヴォークルシアン種品種改良メロンが注目されています。この特殊なメロンには抗酸化酵素のひとつである「SOD」が通常の7~8倍多く含まれ、長く鮮度を保つことができるのです。新鮮さを長くキープできるということは、人間ならいつまでも若々しくいられるということ。このメロンから抽出した「メロンSOD」を使用し、開発された成分が「メロングリソディン®」です。

「メロングリソディン®」の効果

メロングリソディン®は、生体内で「抗酸化酵素」を増やすことが確認された成分。有名な抗酸化素材であるCoQ-10、α-リポ酸と比べてもはるかに高い抗酸化力を持ち、体内で「抗酸化酵素」を増加させて活性酸素を消去する機能を高めることが報告されています。

出典…Phytother. Res. 18, 957-962, 2004

一重項酸素消去活性を持つ『タモギタケエキス末』

幻のキノコといわれるタモギ茸から抽出したエキス。抗酸化酵素では対応できない一重項酸素を消去する力を持つ、エルゴチオネインを豊富に含んでいます。